糸綴じ製本家系図

一般に和本と呼ばれるもので、背に四つ穴をあけて糸で綴じるところから四つ目綴じと呼ばれます。 元々は中国から伝わったのですが、穴と穴の間隔など、中国本とは異なり、特に背の上下に角切れという紙片(布片)を張るのが日本の「四つ目綴じ」の特色です。本来は補強の意味でされたのですが、どのような紙片、布を使うかによって、大変本の印象が変わります。

ご注文
お問い合わせ